201911080751

林道を約6km歩いて(1)

林道を約6km歩き、秋の花を探してみました。
歩いた割には種類は多く有りませんでした。(^^;)
ヒメジソ(姫紫蘇)なのかイヌコウジュ(犬香需)なのか、相変わらず良く解りません。
【以下画像クリックで大画像になります】
15姫紫蘇

自信は有りませんが、一応ヒメジソと見立てておきました。
シソ科イヌコウジュ属の多年草で、本州~九州に分布。
↑と同じ株で、構図を変えて。
16姫紫蘇

こちらは、別の場所で。
茎と花の色が少し赤みを帯びていましたが、ヒメジソだと思います。(自信は有りません)
17姫紫蘇

これも同じ株を構図を変えて。
18姫紫蘇

同じシソ科ですが、ヤマハッカ属のヤマハッカ(山薄荷)。
22山薄荷

花の上唇に濃紫色の斑点が有り、他のヤマハッカと区別できます。
21山薄荷

もう終わっていると思ってましたが、まだあちこちで見られました。
23山薄荷

林道脇には、最盛期のヤクシソウ(薬師草)が沢山見られます。
20薬師草

キク科オニタビラコ属の2年草又は越年草で、北海道~九州に分布。
32薬師草

センボンヤリ(千本槍)。
春と秋と2度咲きますが、秋は閉鎖花になります。
 ※閉鎖花とは花が開かず、蕾の状態で自家受粉してしまう事。
24千本槍

長い茎の先に綿毛を付け群生する様を、毛槍に見立てたのが名前の由来。
25千本槍

咲き残りのヒヨドリバナ(鵯花)。
殆ど終わってましたが、まだ何とか見られるのを選んで。
キク科ヒヨドリバナ属の多年草で、北海道~九州に分布。
アサギマダラも良く訪花しますが、この日は見られませんでした。
26鵯花

(2)へ続く。

コメント

非公開コメント

No title

ヒメジソ、イヌコウジュも判りにくいですが、ヤマハッカ、イヌヤマハッカも判りにくいです。斑点が無いからイヌヤマハッカかな?とよく見ると斑点があるんです、ルーペででも見ないと判りません(^^;

No title

閉鎖花なんて初めて聞きました。

ここのヒヨドリバナは白ですが、ピンクのもありますよね。こちらはピンクが多いように思います。
それとも、色が変わっていくのでしょうか。

トレりんさん

ヤマハッカとイヌヤマハッカ、色がかなり違うと思うのですが。
ヤマハッカは紅紫色、イヌヤマハッカは青紫色。
解ったような解らないようなですかね?(^^ゞ
ルーペで見ないと解らないほど小さな斑点、そんなヤマハッカを見た事が有りません。

No title

ヤクシソウは今が最盛期ですか!
活き活きして綺麗ですね✨
今年は見に行かなかったなぁ(植物園)
此方ではもう終わっちゃったかも・・・

ヤマハッカも見頃なのですね、綺麗な青紫です👏

troutさん

ピンクのヒヨドリバナですか、こちらでは見られないような?
サワヒヨドリは淡紅紫色が殆どで、中には白い花も。
図鑑には白色~淡紅紫色と有るので、そちらではピンクが多いのかも。

Mさん

ヤクシソウが沢山咲いてましたね。
花数が多いので、どう撮ろうか構図に悩みます。(^^;)
ヤマハッカは山裾の道端でも見られますが・・・そちらには山裾が有りませんかね?